沿革

1909年 / 明治42年 小島義忠商店として化学薬品の製造販売及び理化学機械の輸入を開始
1935年 / 昭和10年 小島化学株式会社を設立
組織を改め資本金50万円で設立
1944年 / 昭和19年 企業整備令により小島化学株式会社ほか3社を合併して大東亜化学工業株式会社(現 関東化学株式会社)を設立
小島義忠が社長に就任
1961年 / 昭和36年 小島化学薬品株式会社を設立
小島義和を社長として資本金500万円で設立
1971年 / 昭和46年 資本金1,000万円に増資
1973年 / 昭和48年 資本金2,000万円に増資
埼玉県狭山市柏原工業団地に新工場を建設
1979年 / 昭和54年 柏原工業団地内に第二工場を建設
1980年 / 昭和55年 小島八重子、社長に就任
1985年 / 昭和60年 柏原工業団地内に第三工場を建設
1992年 / 平成4年 佃 毅、社長に就任
資本金4,000万円に増資
1993年 / 平成5年 東京都中央区の本社を埼玉県狭山市に移転
1994年 / 平成6年 本社工場敷地内に管理棟を建設
1995年 / 平成7年 本社工場敷地内に技術研究所棟を建設
1998年 / 平成10年 柏原工業団地内に第四工場を新設する/td>
1999年 / 平成11年 資本金6,000万円に増資
2000年 / 平成12年 本社工場敷地内に第五工場を建設
柏原工業団地内に第六工場を新設する
資本金7,000万円に増資(12月)
2001年 / 平成13年 環境の国際規格 ISO14001:1996 の認証を取得
2002年 / 平成14年 資本金8,000万円に増資(12月)
2003年 / 平成15年 品質の国際規格 ISO9001:2000 の認証を取得
2005年 / 平成17年 環境の国際規格ISO14001:2004の認証を更新
佃 毅、会長に就任
五木田 春夫、社長に就任