「紛争鉱物に関する基本方針」を追加しました。→EICCのCFS認証を取得しました。

小島化学薬品株式会社は、コンゴ民主共和国(DRC)及びその周辺諸国から産出される紛争鉱物(金、スズ、タンタル、タングステン)の不使用を基本方針とし、紛争地域の反社会的武装集団に資金の提供もしくは
利益を得たりする紛争鉱物を排除します。
当社は、企業責任の一環として、企業活動やグローバルサプライチェーンにおいて人権を尊重するため、紛争に加担しない原材料のみを調達する取り組みを推進します。

当社は、基本方針実現のため、下記のことを実施します。

  1. 金については、EICC/GeSIのCFSプログラムに沿った管理システムを構築し、運用することにより、紛争鉱物の不使用を遵守します。
  2. 当社のサプライチェーン内の金地金は、紛争に加担していないとするデューディリジェンス情報を提供し、サプライヤーにも同様のデューディリジェンスを推進します。
  3. 紛争に加担する関わりやつながりの疑いが生じたサプライヤーとは、関わりが判明次第直ちに取引を中断します。

2014年1月22日
小島化学薬品株式会社
代表取締役社長 五木田 春夫

Basic Policy on Conflict Metals

  We, Kojima Chemicals Co., Ltd., establish a basic policy to avoid any conflict metals such as gold, tin, tantalum, or tungsten, which originate from the Democratic Republic of Congo and adjoining countries, and prevent financing or benefiting anti-social armed groups from conflict regions.

  As part of Kojima Chemicals’ commitment to corporate social responsibilty, we seek to only procure raw materials that don’t support any conflict in order to respect human rights in our own operations and in our global supply chains.

In support of this policy, Kojima Chemicals will

  1. establish and implement a management system of gold consistent with EICC/GeSI CFS program, and ensure not to use any conflict metals.
  2. provide due diligence information to confirm the gold in our supply -chain does not  support any conflict, and encourage suppliers to practice the corresponding due diligence procedures.
  3. immediately, discontinue business with any  suspicious suppliers which take part in or have  associations with conflict.

January 22, 2014
Kojima Chemicals Co., Ltd.
President Haruo Gokita